2016年06月11日

京都の亀岡の谷性寺〜明智光秀の墓(首塚)と降魔の剣(不動明王にいただいた本能寺の変で織田信長を討った剣)がある〜桔梗の花が咲く〜明智光秀の家紋

京都の亀岡の谷性寺には、明智光秀の墓(首塚)と降魔の剣があります。
また明智光秀の家紋である桔梗の花が咲き乱れており、あじさいや桔梗の花を見ることができます。
明智光秀は、本能寺の変で織田信長を討ち、謀反の罪で追われたので、明智光秀の墓は、ひっそりと隠してこの場所に首塚を埋めたと言われています。
また降魔の剣を不動明王にいただいて、その剣で織田信長を討ったと言われています。
京都の亀岡は、明智光秀と縁があり、京都の亀岡にある亀山城や亀岡の城下町を明智光秀が整備したと言われており、明智光秀は勇猛で知将で民に優しい武将として慕われています。
もしかしたら、明智光秀は、織田信長にパワハラをうけていて、ノイローゼになる前にその上司を討ったのかもしれません。
DSC06766.jpg
posted by 京都丹波亀岡ニュース社(kyotokame) at 08:04| トピックス
おすすめ観光情報
カテゴリ
タグクラウド
検索ボックス