2016年02月07日

ガソリンスタンドが倒産が相次ぐ〜価格競争と原油価格の急落〜ガソリン価格の急落の理由〜

ガソリンスタンドの倒産が相次いでいます。
今まで便利な場所で安くガソリンを入れていたのに、その場所にガソリンスタンドが無くなって不便になりました。
また会員証をつくっていたのに、その会員証が無駄になりました。
何故、ガソリンスタンドの倒産が相次いでいるのでしょうか。
ガソリンの価格が上昇しているときは、車に乗るのを控えます。
今回は、ガソリン価格の大幅下落が原因なのです。
ガソリンを買って、売ろうとした時、元売りの価格が急激に下がっている場合、店頭価格がその値段についていけないのです。
また大量に先物契約をしている場合も同じです。その値段より下落のスピードが速いのです。
軽油などは、少し前の1/3ぐらいの値に急落していています。
ガソリンも半分の値段になりました。
ガソリンが安くなると自動車ユーザーにはいい話ですが、ガソリンスタンド経営者には、頭が痛い話なのです。
ガソリン価格が急落した理由は、中国経済の落ち込み、シェールガスの開発(ガソリンに変わるエネルギー)、ガソリンの生産量を増産などが理由と言われています。
posted by 京都丹波亀岡ニュース社(kyotokame) at 16:06| トピックス
おすすめ観光情報
カテゴリ
タグクラウド
検索ボックス