2015年10月25日

アユモドキと亀岡スタジアム〜絶滅危惧種のアユモドキってどんなの?京都の亀岡と岡山県にしかいない魚

アユモドキっていう魚を知っていますか。
絶滅危惧種で、京都の亀岡と岡山県にしかいない魚で、アユに似ているからアユモドキという名前なのでしょう。
でもひげがついていて、実は、ドジョウの仲間なのです。
京都の亀岡では、アユモドキの生息地の近くに亀岡スタジアムというサッカースタジアムを建設する予定があり、話題となっています。
亀岡市などは、アユモドキの養殖実験などしており、成功したとも言われています。
そんなアユモドキが展示されていましたので、どんな魚か実物をお届けします。

posted by 京都丹波亀岡ニュース社(kyotokame) at 01:14| トピックス
おすすめ観光情報
カテゴリ
タグクラウド
検索ボックス